iTeach International Language Centerは語学留学をお手伝い致します。

English
한국

お問合せ

お問い合わせはこちらから受付しております。

会社概要

iTeach International Language Center

Lot 4 and 8 Blk 8 P. Santos St. Nepo Subd. Angeles City, Philippines

地図


お電話によるお問合せ

どちらの窓口も日本人のオペレータが対応致します。
日本窓口
TEL:092-791-5209 (受付 10:00~21:00)
フィリピン窓口
TEL:0998-573-7818


メールによるお問合せ

iteachils.jp+gmail.com
※メールを送る際は「+」を「@」に変換してください。


フォームによるお問合せ

お名前(必須)例)山田 太郎
メールアドレス(必須)例)mail@exapmle.com
お電話番号例)03-1234-5678
お問合せ内容(必須)
 
※フォームからのお問い合わせには翌日までに返信致します。返信がない場合は、お手数ですがメールまたはお電話でのお問い合わせをお願いします。


代表挨拶

オーナー
大野隆之
こんにちは。iTeach 日本人代表取締役の大野隆之です。私の子供の頃の夢は、海外を飛び回りながら大きな仕事をすることでした。そのためには、英語の能力が必要不可欠だと考え、学費と生活費で一年で200万円以上必要でしたので、貯めておいた貯金をはたいてオーストラリアの語学学校に入学することを決意しました。
学校生活初日にあったテスト審査の結果、私は最下位クラスに配属されました。最下位クラスの生徒さんの半分は日本人でした。授業では分からないことだらけでしたが、グループクラス主流の授業のため、周りの生徒さんに気を使ってしまい、質問はできませんでした。また、自分が既に理解している部分を何度も教えてもらうこともありましたが、もちろんスキップはできませんでした。週末には、クラスのメンバーと近くの公園で焼肉パーティーを楽しみ、周りの日本人の生徒さんたちは異国の生徒さんと写真を撮り合って楽しんでいました。自分の置かれているこの光景は写真ではかっこよく写りますが、実際は英語を話せない人同士で集まって傷を舐め合っているだけのようにも見えました。
ヨーロッパ圏では、レストランやショッピングモール等で英語を話せないと、なんで英語圏に来たの?という冷たい待遇を受けてしまいます。ここは私が想像もしていなかったところです。社交的で忍耐強い自分の性格なら何が起ころうと乗り切ってみせると考えていましたが精神的にコテンパンにされてしまいました。
既に大金を払った。これからもお金がどんどん飛んでいく。あまり英語を話せるようになっている実感がない。せっかく来たのにしゃべれないまま帰国なんてありえない。海外に住んだことを中途半端に自慢するためにオーストラリアに来た訳ではない。そう考えた私は、その日から毎月部屋にこもって猛勉強しました。もちろん勉強はオーストラリアでなくてもできます。時が経つにつれ、私の焦りとストレスは高まっていきました。
私は方針を変え、現地でアルバイトをして滞在費を稼ぎながら英語に慣れようと考えました。現地の会社に履歴書を100枚以上提出しましたが、最初は一切相手にされませんでした。やっとの思いで採用して頂いた韓国レストランで、片言英語の韓国人たちとコミュニケーションをとっていきました。
その中で特に英語をすらすら話してる日本人・韓国人のホールスタッフから、口を揃えて言われたのが「フィリピンの安い学校に3ヶ月~半年通ってたよ」 私は「何でフィリピン?」と不思議に思い、フィリピンの国のことについて調べました。フィリピンは英語を公用語と定め、幼稚園から大学まで授業は英語で行われます。そのため、国民のほとんどが英語を母国語として話すことができ、更に人柄が良いため、こちらが英語を話せなくても、向こうから積極的・親切に分かりやすくて綺麗な英語で話しかけてくれます。また、英語教育が盛んな韓国では、最初の留学先はフィリピンが常識と言われるほどフィリピン留学の知名度が高いそうです。近年日本でも密かなブームになっています。
フィリピン留学に興味を持った私は、韓国人ウエーターの推薦のフィリピンの中でも特に物価の安いアンヘレスのとある学校に転校しました。フィリピン留学はマンツーマン授業が主流のため、周りに質問できなかったり、既に理解している部分を何度も教えられたりするようなことはありませんでした。また、グループ授業より会話の量が多いため、どんどん英語に慣れていくことができました。そして3ヵ月後、私は新入生から「何でそんなしゃべれるんですか?」と言われる程、英語が話せるようになっていました。英語に慣れた私は、フィリピンに観光に来ているアメリカ人、オーストラリア人ともジョークを言い合いながら話すこともできるようになりました。日本と違い観光であらゆる国からこの地に大勢の人が訪れています。物価の全然違うハワイにいるような感覚でした。フィリピン人の感情的で情熱的な雰囲気に影響され、時には英語で友達と口喧嘩したり、時には冗談を言って笑い転げたりしていました。このフィリピンの留学生活は人生で一番充実した内容の濃い時間でした。
しばらくして、日本で語学学校を経営しているアメリカ人と出会い、この経験をより多くの人に伝えたいという強い思いから韓国人のエージェントの方々や、フィリピンホクソンカレッジの学長様の協力の元、iTeachが誕生しました。自分と同じ遠回りをさせたくない、自分と同じような人々の手助けをしたいという思いでできた学校です。自分が学生の頃に、もっとこうだったら良かったのにと思ったところが、全て改善された学校になっています。
iTeachは授業が終わった後でも英語を使わせるように部屋や校舎や人員配備を細かく設定してあります。アクティビティにも力を入れ、常に英語を使わなければいけない環境に特にこだわっています。iTeachのテーマは楽しみながら英語を喋り慣れること。さあ皆さん勇気を振り絞りフィリピンに足を踏み入れてみてください。ほんの少しの勇気で人生は大きく変わります。夢が現実になり確信にかわることを実感してください。iTeachは夢を持つあなたを全力でサポートします。